FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノを語る♪

先日、仲道郁代さんの講義に行ってきました

とてもステキな音を奏でるピアニストさんです


私は小学生の頃、仲道郁代さんのコンサートに行っていたらしいのですが
その頃の記憶が、、、

もったいない



今回は、『 ピアノを語る 』 というテーマでした

ピアノの歴史を写真や動画を使って見せていただきました

モーツァルトの生きていた時代のピアノ
『シュタイン』というピアノ。
5オクターブしかなく、白鍵と黒鍵が逆、
音がキャシャで、ボリュームの幅は狭いそうです。


ショパンの生きていた時代のピアノ
ショパンが愛したフランスの『プレイエル』というピアノ。
初期のピアノと現在のピアノの中間あたりに位置すると言われています。
この頃から金属が使われるようになり、大きな音が出るようになってきたそうです。


ベートーヴェンの生きていた時代のピアノ
ピアノの進化と共に、曲が変わっていったそうです。
ピアノソナタをみると変化がよく分かるとか・・・。
ペダルや、アーティキュレーションの付け方などが
だんだん変わってきているのも
ピアノの進化が関係しているそうです。


それぞれ全く違ったピアノで、ピアノの進化の過程も良く分かりました



今のピアノは本当に良くできているんですね

ピアノ1台でオーケストラができるっていうのも

ピアノが楽器の王様だっていうのも納得です


もっともっとピアノが好きになりました



当時のピアノについて勉強すると、楽譜の見方が変わってきます。

奥深くておもしろいですね
スポンサーサイト

ピアノリサイタル♪

昨日、高校の同級生のピアノリサイタルに行ってきました

山辺絵理ちゃん




小さい頃から活躍している すばらしいピアニストさんです



絵理ちゃんはとっても優しくて太陽みたいに温かい人

高校時代からとても背が高くて、手も大きかった

その大きな手で、とっても繊細でつぶの揃ったステキな音

と思ったらダイナミックなどっしりとした音


すばらしい演奏でした

絵理ちゃん素敵な演奏をありがとう





ピアノって弱い音を出すのが難しいんですよね

私ももっと練習しなきゃって思いました

もっともっと上手になりたいっっ

氷川神社のお祭り☆

今年のうちの近くの氷川神社のお祭りは。。。

3年に1度の大きなお祭りだったそうです



天狗と、馬に乗った宮司さんが先導して

その後立派なお神輿が通ります




いつも通っている道を、お馬さんたちが歩いていて

なんだか不思議な感覚になりました



お神輿の渡御は、朝8時半頃に神社を出発して

夕方4時に帰ってきました

お神輿の担ぎ手さん、お疲れ様でした

神社に向かう最後の直線は、父も担いでいました



とっても盛り上がって、町民が一体となってお神輿を見守っていて。。。

日本人に産まれて良かったと思う瞬間でした

そばパーティー!!

お友達とそば職人になりました

お酒飲みながら作ったから極太そばになったけど

おいしかったーっっ!(^^)!

このページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。